給湯器の選び方 給湯能力の違いについて1

投稿日:2014年07月08日(火)19:00:07 投稿者:mrc
Pocket

こんにちは北海道札幌市で給湯器交換工事専門店のアール・ホームです。

給湯器交換のことなら何でもお気軽にお電話くださいね。

 

給湯器の選び方、給湯能力の違いについてお話します。

【石油給湯器】の場合、大きく分けて

1. 3万キロ30,000kcal/h):36.0kw と

2. 4万キロ(40,000kcal/h):46.5kw があります。

 

例えば、ご夫婦お二人で、一度にたくさんのお湯必要としないご家庭なら3万キロタイプで大丈夫です。

シャワーとキッチンで同時に使う可能性のある4人家族なら4万キロタイプがお勧めです。シャワーとキッチンで同時にお湯を使っても「シャワーの勢いがない」とか「お湯の量が細くなってしまう」などという不満がありません。

シャワーの勢いでいえば、水道圧をそのまま給湯に利用するA『直圧式』と、一度貯めたお湯を給湯に使う2.『貯湯式(又はセミ貯湯式)』という2種類の給湯方式があり1.『直圧式』は湯切れをおこしませんし、水道圧そのままですからシャワーに勢いがあります。

一方、2.『貯湯式』は一定量のお湯をタンクに貯めて給湯するので、シャワーの勢いは弱いですが温度変化が少ないことが特徴です。

※勢いのあるシャワーが楽しめる「高圧力型」もあります。

家族の人数やライフスタイルによってお家にぴったりのお湯を選んでみましょう。お気軽にご相談ください。

 

給湯器交換工事をご検討中のお客様、今すぐアール・ホームにお電話下さい。

お見積もりは無料!

フリーダイヤル 0120-979-504 まで

※価格、納期、他社との比較など、今すぐお問合せ下さい
 


Pocket

最近の投稿

カテゴリー

アーカイブ