給湯器が故障する原因

投稿日:2015年02月24日(火)15:30:43 投稿者:mrc

 

こんにちは。アール・ホームです。

 

昨日はアカデミー賞受賞式の様子が、ニュースで流れていましたね。

私はベイマックスはまだ見ていませんが、受賞おめでとうございます。

日本のジブリアニメかぐや姫は残念でしたね、、、来年も期待しています。

 

さて、本日は給湯器が故障する原因についてご紹介したいと思います。

原因はさまざまですが、主に考えられるものをご紹介致します。

1.水漏れ

2.経年劣化

以前のブログでも何度かご紹介させて頂きましたが給湯器の平均寿命は10年程度です。

10年を目処に交換を検討されたほうが良いかと思います。

そんなに経っていないのに給湯器の調子が悪いという方は、修理を行うのをお勧めします。

3.サビがつまっている

使用していない期間が長くなったり多かったりするとサビ゙が詰まってしまいます。

旅行期間などは仕方ありませんが、なるべく使わないという期間がないようにすることが大事です。

4.内部の破裂

冬場に水抜きをしなかったりすると起こります。

冬にご自宅を長く空ける場合などは水抜きを行ってください。

 

そして、故障かなと思ったときに業者に連絡するよりも先に自分で行ったほうが良い事があります。

①コンセントを抜いて時間を置いて再度電源を入れる

②コンセントが抜けていないか確認する

③電源ブレーカーが落ちていないか確認する

④寒い季節は保温材を給湯器に巻きつける

 

上記を試してみても動かないなど不具合がある場合、給湯器でお困りの方、

給湯器交換工事をご検討中のお客様、今すぐアール・ホームにお電話下さい。お見積もりは無料!

 

フリーダイヤル 0120-979-504 まで

メールでのお問い合わせは下記お問い合わせフォームをご利用ください。

※価格、納期、他社との比較など、今すぐお問合せ下さい
 

カテゴリ:給湯器が故障する原因


最近の投稿

カテゴリー

アーカイブ