世界のエネルギー事情

投稿日:2015年06月29日(月)12:03:11 投稿者:mrc

こんにちは。アール・ホームです。

 

今日は天気予報では晴れ/曇りとなっていましたが

朝からぽつぽつと雨が降っていて

気温も低く、上着が無いと震えてしまうような寒さですね。

私は昨日マラソンをしてきて、全身筋肉痛になっています(笑)

毎日でも適度な運動はしないといけないな、と痛感しました(笑)

 

 

さて、本日は世界のエネルギー問題についてご紹介致します。

 

化石エネルギー(石油、石炭、天然ガス)

先進国の経済や生活は、化石エネルギーに依存しており、

化石燃料は何億年もかかってつくられた有限の資源であり、

あと数十年で枯渇すると言われています。

しかし、年々消費が増加、途上国も経済拡大をめざして枯渇はさらに早まっています。

さらに、化石エネルギーの大量消費で二酸化炭素が急激に増加し、

地球温暖化が進行異常気象、海面上昇、洪水。食糧父祖億、環境難民の増加など

深刻な問題が発生するということも考えられるのです。

 

電子力エネルギー

発電方法は火力発電と変わらないようです。

火力発電は化石燃料を使って水を熱して蒸気を発生させてその蒸気でタービンを回しますが

電子力発電は化石燃料を使う代わりに、ウランを核分解させて熱エネルギーを作っています。

そして、ウランは体内に取り込まれると科学的な毒性を発揮し、放射能を持つため内部被曝の原因にもなります。

人間には特に、腎臓にダメージを受けてしまいます。

チェルノブイリ事故や福島原発事故を経て、先進国の多くは政策転換をしています。

 

水力エネルギー

大規模なダム開発は自然環境に与える負担が大きく、経済的にも疑問が多いです。

先進国ではダム撤去などが行われています。

中国や欧州などでは河川の水流をそのまま利用する小規模水力発電を推進しているそうです。

 

自然エネルギー

●風力エネルギー

無尽蔵な資源だが、安定供給のための設置場所が限られてしまいます。

ドイツ、デンマーク、アメリカなどで発電施設が急増しています。

バイオマスエネルギー

木材、家畜のふん、生ごみなどで発酵させて発生する『メタンガス』などを利用して発電、熱も地域暖房などに利用されています。

スウェーデンやドイツで普及しています。

太陽エネルギー

効率が悪く、大規模発電は難しいですが、補助的小規模用途に有効カリフォルニア州は太陽熱発電、ドイツなどは太陽光発電を推進しています。

最近は屋根に付けている家庭も増えてきていますよね。

●地熱エネルギー

火山からの水蒸気ガスを利用した発熱がフィリピンやニュージーランドで広く利用されています。

火山国に限ります。

 

日本のエネルギー事情

エネルギー消費は過去40年で10倍も増加し、自給率は世界で最低レベルです。

プラスチックも一緒に燃やす『ごみ発電(RDF)』を推進しており、

新たにダイオキシン汚染の増加が心配されています。

これらのエネルギーに対して自然エネルギーは1%未満で、拡大する政策も今のところは無い状況です。

上記のような状況で、石油が削減されると大パニックになることが予想されますよね。

エネルギー消費の削減、自然エネルギーへの転換と大量消費、

大量廃棄の生活や経済の根本を見直すことが急務になっています。

 

私たち一人ひとりが出来ること!!

自動車の消費量を減らし、アイドリングをやめる

節電、節ガス、省エネを心がける

4R(やめる、減らす、再利用、リサイクル)が基本!!

家族団らんの時間を増やす(家族が同じ空間で過ごすことでエネルギーが数分の一になります)

自然エネルギーの推進を行政に意思表示、エネルギーも自給自足へ

 

 

私たちは生活の中で色々なエネルギーに頼って生活をしています。

その中で、少しずつ自然エネルギーに切り替え環境を守らなくてはいけません。

上記に書いてあることは誰にでも出来ることが多いです。

太陽光発電などは設置にお金もかかってしまい難しいかと思いますが

まずは一人ひとりがエネルギーについて考え、

出来る所からエネルギーの節約をしてみると良いかと思います!

 

 

給湯器のことでお困りのお方、交換を検討されている方は

是非一度、アール・ホームまでご連絡くださいませ。

お見積り、現場調査は無料です!

 

フリーダイヤル0120-979-504

 

メールでのお問い合わせの方は下記の問い合わせフォームをご利用ください。

※価格、納期、他社との比較など、今すぐお問合せ下さい
 

カテゴリ:世界のエネルギー事情


最近の投稿

カテゴリー

アーカイブ