アール・ホームのある平岸のお話し2

投稿日:2014年07月10日(木)18:00:49 投稿者:mrc
Pocket

こんにちは北海道札幌市で給湯器交換工事専門店のアール・ホームです。

 

私どもアール・ホーム平岸店のある豊平区平岸についてのウンチク話し第2弾。

【アンパン道路】

明治35年、豊平・月寒・平岸の三村が合併して、新たに豊平村となりました。そして、明治41年には、豊平町となり、さらに、同43年、現在の豊平地区が札幌区に編入し、町役場が豊平から月寒に移転しました。
役場の移転に伴い、当時リンゴ栽培で有名だった平岸と月寒とを結ぶ道路はなく、平岸の住民らは連絡道路の建設を要望。平岸の人たちが役場のある月寒へ直接行けるよう、新たに道路の開削が行われました。この時、作業に従事した兵士たちにアンパン(”月寒あんぱんとして現在も発売されている)が配られたため、明治44年に完成したこの道路は、『アンパン道路』と呼ばれるようになりました。

240px-アンパン道路看板[1]Anpan_douro[1]

工事前の現場確認や工事の際は平岸店のスタッフが急行いたします。

給湯器交換工事をご検討中のお客様、今すぐアール・ホームにお電話下さい。

お見積もりは無料!

フリーダイヤル 0120-979-504 まで

※価格、納期、他社との比較など、今すぐお問合せ下さい
 

 


Pocket

最近の投稿

カテゴリー

アーカイブ